えまノート

グラフィックデザインの仕事や転職のこと、勤め人だった頃からフリーになった現在のこと、ブログのことなどを綴っています。

アクセスアップするかも知れない方法、アクセスが下がるかも知れない方法

2016/06/26

sponsored link

ブログへのアクセスについては、ブログをやっている人はとても気になるでしょう。

アクセスアップさせたいとはいつでも思っていますが、ねらっても逆にダウンしたり、また、アップさせる目的ではなかったのに、結果として意図せずアクセスアップになっというケースもありますので、メモしておきたいと思います。

また、気づいたら追記していきます。

●アクセスアップするかも知れない方法

  • 上から目線の記事をリライト
  • サイドバーをきれいにし、カテゴリーを整理
  • 良いURL(これは途中からは変えられませんが、ちょっとこのブログのドメインは今ひとつ。安かったからこれにしましたが…ネーミングも何だかなー。
    スタート前の人はよく考えてみてください)
  • 記事タイトルの前半にキーワードを入れて、タイトルをリライトする。
    このブログ「初心者のためのグラフィックデザイン講座」というカテゴリーは、最初は記事タイトルの前半部分でした。
    その方がわかりやすいと思ったからです。
    でも、グーグル的にはどの記事も「初心者のためのグラフィックデザイン講座」同じじゃないか!ということらしく、1つの記事しかインデックスされませんでした。
  • 同じような記事タイトルの記事は、一つにまとめた。
  • 記事はマメに投稿する
  • アクセス解析を設置し、検索されたキーワードを調べ、そのキーワードで記事を書く
  • アクセス解析を設置し、検索されたキーワードを調べ、すでのそのキーワードで記事を書いてあったら、タグとして追加する
  • 「強いものはより強く」アクセスの多い記事を強化する。(関連記事を増やしたり、もっと丁寧にリライトしたり。フォーマットは標準にする。
  • 他のブログで確実にアクセスのあるキーワードを投入した記事を書く
  • 記事のクオリティを上げる。1日で書ききれなければ雑なままよりも2日かけてクオリティの高い1記事を投稿する
  • 100記事までは量も大事。多少クオリティを犠牲にしても、毎日投稿。
  • トップページをブログにした。
  • 無意味なアイキャッチ画像はやめた。
  • <more>タグを使用して、表示を短くした。
  • Search Console に登録し、サイトマップを送る
  • 重大なエラーを解決
  • 強調のタグをstrongでなくbにした
  • ツイッターで知らせる…私はツイッターは全然やらないのですが、一つの記事に1日でアクセスがたくさんきていたことがありまして、アクセス解析からリンクを辿ると、ツイッターだったことが判明しました。ツイッターの威力はすごいと思いました。そのうちやってみようかな?

sponsored link



●アクセスが下がるかも知れない方法

  • パーマリンク設定を変更してしまった。
  • 態度が自慢だったり上から目線
  • 重複したタイトル
  • トップページを固定ページにした
  • 無意味なイメージだけのアイキャッチ画像をつける(他のテーマでは効果的なこともあるかも知れませんが、Twenty Fifteen のアイキャッチ画像は大きすぎるので)
  • アクセスの多い記事を削除したりパーマリンクを変更してしまったり…

>>>Homeへ

sponsored link
sponsored link

-ブログ
-