えまノート

グラフィックデザインの仕事や転職のこと、勤め人だった頃からフリーになった現在のこと、ブログのことなどを綴っています。

【ポートフォリオ タイトル】グラフィックデザイナーの作品集のタイトルについて

2016/11/11

sponsored link

ポートフォリオのタイトル をどうするのかということについては、グラフィックデザイナーが作品集をつくるときに悩んだりするところですね。

これをテーマに書きたいと思います。

ポートフォリオ タイトル として可能なことば

ポートフォリオのタイトルにするのに可能なことばといえば、

「ポートフォリオ」
「ワークス」
「作品集」(または作品)

といったところでしょうか。

どれも正しいと思いますので、好きなものを使うのがよいのではないかと思います。ですが、デザイナーとしてまだ仕事をしたことがなく、学校などで制作したものだけのときは、

「ポートフォリオ」か「作品集」(または作品)が良いのではないかと、個人的には思います。

「ワークス」という言葉は、実務作品を連想してしまいますので…。

「実績紹介」という言葉をすすめられたことがあります。でも、デザイン関係者には「?」でした。(一般企業向けには良いのかも知れませんが)また、「制作実績」ならばアリかなと、思います。

ポートフォリオ タイトル の表記について

「ポートフォリオ」「ワークス」は、
Portfolio、Works
と、英語表記にした方が自然かな、と思います。

「作品集」は
作品集
というのが自然かな、と思います。

 

また、英文は

PORTFOLIO、WORKS

というように、
全部大文字で表現することもできます。

 

また、「作品集」に「ポートフォリオ」とルビを振ったり、タテガキの「作品集」と横書きの「Portfolio」を組み合わせてみたり、このあたり、色々やりはじめたら、いくらでもアイデアが出てきそうです。

 

・字間をひろげてみたり、

・フォントを色々変えてみたり

・文字のベースラインを変化させたり

・文字のサイズをそれぞれ変えたり

・文字によって色を変えたり…

(たとえスミ一色でもグレーを使うと色々に変わりますね。)

 

アイデア次第で色々です。


sponsored link



シンプルな一例
ポートフォリオ タイトル ヘルベチカ-01

ヘルベチカの、
上はレギュラー
下はボールド

です。

ヘルベチカは、とてもシンプルでかっこよくキマります。どんなフォントにするか、というのは、個性の出しどころでもあります。手描きにするという手もあります。でも、もし迷ったら、「Helvetica(ヘルベチカ)」は個人的にオススメです。

和文なら、モリサワの「中ゴシックBBB」か「見出しゴ」「リュウミンの好きな太さ」がオススメです。オーソドックスですが、シンプルでカッコ良く決まるかと思います。

>>>こちらの記事も参考にしてみてください

sponsored link
sponsored link

-デザイン未経験からの転職, デザイナー転職ポートフォリオ
-