えまノート

グラフィックデザインの仕事や転職のこと、勤め人だった頃からフリーになった現在のこと、ブログのことなどを綴っています。

リディレクション プラグインで、パーマリンク設定の変更によるダメージを補修

2016/06/26

sponsored link

パーマリンク設定の変更をすると、すでに投稿した記事のURLが変わってしまいます。

これは、せっかくグーグルの検索結果にインデックスされたURLも変わってしまうということなので、
アクセスの面で、大きなダメージとなります。

ブログをSearch Consoleに登録しておけば、以前のURLは次第に検索されなくなり、
新しいURLがインデックスされていき、長い時間をかけて次第に修正はされていきます。

わたしはこのブログのパーマリンク設定を二回変更しました。
一度目は上記の方法で、長い時間をかけて回復していきました。
一度目のときは投稿した記事数もそれほど多くはなく、インデックスされている記事もそれほどの数ではありませんでしたので、上記のやり方で回復してきました。

ところが、二度目のパーマリンク設定を変更したときは、もうすでに100記事以上投稿していました。
放置したまま回復を待つのも良いのですが、せっかくアクセスが集まっていたURLにダメージを与えてしまったので、
上位のアクセスの記事に関して、この点だけは補修することにしました。


sponsored link



ここで登場するのが

Redirection

というプラグインです。
これを検索してインストールし、有効化します。

ワードプレスのメニューの「ツール」のところに「リディレクション」というのが出てきます。
ここに、古いURL(上)と新しいURL(下)を入力して「新しいルールを追加」ボタンをクリックすると、関連づけが行われます。

全部の記事を関連づけできれば良かったかも知れませんが、Search Consoleに登録しておく事で、数ヶ月後には自然に新しいURLがインデックスされていくはずですので、本当はこの方が良いと思います。

でも、直近のアクセス数が上位の記事がリンク切れになってしまうのは、自分が淋しく、モチベーションの低下にもつながってしまうので、ここはRedirectionというやり方を導入してみることにしました。

--------------------
●追記です
リディレクションプラグインは最も頻繁に使う、大のお気に入りプラグインとなっています。

ブログを更新し続けているうちに、ごちゃまぜ、何でもジャンルではなく、特定のジャンルにアクセスが集まるようになってきました。
それで、その他のジャンルの記事は、他のサイトを立ち上げて、そちらに移動しました。

こういうときにもリディレクションは大活躍です。このサイトのURLから、新しいサイトのURLにリンクを貼っておけば、アクセスを失わないで済むのです。

sponsored link
sponsored link

-ブログ
-