えまノート

グラフィックデザインの仕事や転職のこと、勤め人だった頃からフリーになった現在のこと、ブログのことなどを綴っています。

至急の小さな沢山の仕事を引き受けると運が良くなる

2016/11/10

sponsored link

例えば、何か会社で仕事をしているときに、「これ、急ぎだからスグやって!」と言ってやってくる小さな至急の仕事って、結構あると思います。

これ、個人的には引き受けるべき仕事だと思っています。何故ならば、「運が良くなるから」です。

それが、たいてい、「断る方が良い」という方向に考えがちで、気が強い人であれば「今これをやっているので。」とハッキリつっぱねたり、気が弱い人であれば断れずにウジウジしながら仕方なくやったりします。

「断り方」みたいな本も出ているし、何故か断る方が良いことのようになっているような気がするのですが、これは、とてもモッタイナイと思います。

もし、チーム全員の中で他の人がみんな「今これをやっているので。」と言って断るタイプの人たちの集団であれば、運を良くする大チャンスです。もう、ぜひ、進んでそのような、「急ぎの」「小さな」「間にはさまれる」「うざったいほどの」「沢山の」仕事を全部やるべきです。

他の人は「引き受けるとまた頼まれるよ」とかアドバイスしてくれるかも知れません。「断れないダメな人」なんて周りに思われるかも。一人忙しくまるで損している気分にもなるかも。特に同じ給料なののに自分ばかり損していると思ってしまうかも。

でも、そんなことは無視して、平然と、チャッチャと、やってしまえばいいです。それで、片付けたら元の仕事に戻ればいい。

そうすると、また頼まれます。そしてそれをやるとまた頼まれます。どんどん仕事を頼まれるようになります。運が良くなるというのはこのことです。色々なことに遭遇して仕事のスキルも上がりますし、給料も最初は同じでも、何らかの形で真っ先にアップされると思います。時間はかかるかも知れませんが。

フリーならば、そもそも仕事が沢山頼まれた時点で増収です。

だから、細かい仕事でも何でも、頼まれたら可能なかぎり全部、スグにやるのがいいと思います。

「今これをやっているので。」と小さな仕事を断る人と、スグに何でもやってくれる人と、二人の人がいたとき、先にクビになるのって、断る人だと思います。

かつての自分自身の経験からそう思っています。やたらクビになっていた頃の自分は、断るタイプの人でした。やたらクビになっていた体験記は下記です。

>>>40代 デザイナー 転職活動 、わたし自身の体験談をおはなしします ①

>>>デザイナーとして40代で転職活動したときのこと 2

>>>本は良い相談相手 、 -- 40代 デザイナー 転職活動 、わたし自身の体験談をおはなしします 3

>>>転職活動は仕事よりもキツイ -- 40代 デザイナー 転職活動 、わたし自身の体験談をおはなしします 4

>>>43歳、40代での二度目の転職 、わたし自身の体験談をおはなしします 5

>>>40代、三度目の転職 -- デザイナーとして40代で転職活動したときのこと 6

あるとき考えを変えて、何でもやるようになって以来、クビになったことはないです。

sponsored link
sponsored link

-仕事
-