works_Thumbnail16-17

デザイナー転職ポートフォリオ

エディトリアルデザイナーの転職 ポートフォリオのサムネイル

sponsored link

ポートフォリオのサムネイルの続きです。エディトリアル作品中心です。
>>>前回の記事

「SP・VMD」に引き続き、2つ目の大きなカテゴリー「エディトリアル」から始めます。

応募する会社がエディトリアル中心の会社だった場合は、
「SP・VMD」と「エディトリアル」を入れ替えて、
こちらの「エディトリアル」をポートフォリオの冒頭に持ってきていました。

実際には、面接のたびにいちいち入れ替えるのも面倒なので、
「SP・VMD」が冒頭にくるバージョンと、
「エディトリアル」が冒頭にくるバージョンの、
2種類のファイルをあらかじめ用意して使っていました。

また、今回紹介しているポートフォリオは、
作品をかなり縮小しているので、
部分的に大きくしたバージョンをつくり、
エディトリアル部分は別のファイルにして、
2冊のファイルを持っていくこともありました。


応募する会社によって、持参するファイルは使い分けていました。

また、エディトリアルやカタログなどのページものばかり制作している会社には、
現物も2〜3冊持参しました。
文字の組版などの細かいところまできれいにできているところをアピールしたかったのでそのようにしましたが、これは良かったようです。興味を持って見てもらえたと思いますし、何社かは結果に結びつきました。

現物が必要かどうかはわかりませんが、エディトリアルは組版の美しさも大事なことなので、原寸のものも見せた方がいいと思います。

works_Thumbnail16-17

p16-17 「Editorial」カテゴリの冒頭。扉的な扱いにして目を引く工夫をしています。

works_Thumbnail18-19

p18-19 「Editorial」の続きです。中身の扉やコンテンツ、特集などです。

works_Thumbnail20-21

p20-20 「Editorial」の続きです。中身の扉やコンテンツ、特集などをもう1見開き入れました。

works_Thumbnail22-23

p22-23 ここから別の仕事の紹介になります。カタログの編集記事のページです。

このように、「SP・VMD」「Editorial」という、得意分野2大カテゴリーに整理して前半で見せて、
そのあと、「AD」など、細かいものを順に並べて行くようなスタイルで40ページのポートフォリオに仕立てています。

sponsored link

関連記事

  1. 雑談

    html css独学 — デザインもですが独学はやはり限界がきます

    html css独学 について。グラフィックデザインもですが、独学はや…

  2. デザイナー転職ポートフォリオ

    グラフィックデザイナー転職 ポートフォリオ1

    就職活動中の方の参考になればと思い、就職活動の体験談を書いています。…

  3. デザイナー転職ポートフォリオ

    転職ポートフォリオのフォント

    今日はグラフィクデザイナーとして転職するときに使うポートフォリオのフォ…

  4. デザイナーの転職

    デザインのこと–ポートフォリオの表紙は? 転職活動でどうする?

    ポートフォリオの表紙のデザインはを、転職活動でどうする? ということに…

  5. デザイナー転職ポートフォリオ

    未経験者にオススメの作品 (グラフィックデザイナー転職)

    未経験でグラフィックデザイナーに転職しようとするときオススメな作…

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログの運営者


Ema。性別:女性 年齢:50代前半。グラフィックデザイナー。現在フリーランスデザイナー歴約2年。元勤め人デザイナー歴約15年(失業期間含む)。高齢でデザイナーになった高齢者デザイナーです。40代で3度解雇になるなど、転職経験も豊富。

アーカイブ

  1. グラフィックデザイン

    グラフィックデザイナーは40代になったら地味目な仕事がねらい目
  2. エディトリアル ポートフォリオ-未経験

    未経験 エディトリアル ポートフォリオ 作り方
  3. 雑談

    紙媒体 web媒体 — 媒体の特徴を生かして使い分けてみたい
  4. スマホイメージ2

    ブログ

    【AMPエラーの修正】必須の構造化データ要素のエラー
  5. 抽象イメージ2

    グラフィックデザイン

    フリーランスのデザイナーにクライアント3人必要か?
PAGE TOP