広告系デザイナーが働く会社の説明

デザイン初心者

グラフィックデザイナーはどんな会社で働いているのか

sponsored link

グラフィックデザイナーはどんな会社で働いているのか ということについて、図を使って説明しています。

クライアントの中のインハウスデザイナー、元請けの制作会社、下請けの制作会社、印刷会社など、グラフィックデザイナーが所属している会社は、業界の中で色々な位置づけにいることがわかります。

グラフィックデザイナーはどんな会社で働いているのか

クライアントを中心とした、図で説明してみました。
図ではひとつのクライアント中心に描きましたが、実際には、それぞれ複数の会社や個人と取引しています。
グラフィックデザイナーは、最初は個人で独立する前にデザイン会社などに勤める人が多いですが、最初から全く勤めず、個人で始める人もいます。

広告系の場合

広告系デザイナーが働く会社の説明です。会社同士の相関関係がわかるチャートの画像になっています。
一概には言えませんが、クライアントから直で仕事を受けている会社の方が、一つの仕事に対して利益は大きいです。
ですが、広告代理店はつきあい方によっては「営業をしてくれている」とも言えます。
多少デザイン料が落ちたとしても、広告代理店の下請けをすることを好む会社もあります。


エディトリアル系の場合

エディトリアルデザイナーが働く会社の説明です。会社同士の相関関係がわかるチャートの画像になっています。


>>>Homeへ


sponsored link

関連記事

  1. トーンのカラーチャート

    デザイン初心者

    トーンとは? 色に関する基本的な概念とカラーチャート

    今日は、トーンについて書きたいと思います。 (さらに…)…

  2. デザイン初心者

    デザイン3案、アイデアを出すための方法

    グラフィックデザインの現場では「 3案出して 」と、何かを提案する…

  3. 仮想ボディの説明

    デザイン初心者

    文字の仮想ボディ についてのはなしです。仮想ボディのサイズがQ数です。

    文字の仮想ボディ というものについてお話ししたいと思います。初心者…

  4. 紅葉の写真

    デザイン初心者

    デザインは、用と美。デザインの定義

    デザインの定義について書きたいと思います。「デザインとは何か?…

  5. デザイン初心者

    グラフィックデザイン初心者のための色えらび、一番簡単な方法

    グラフィックデザインを始めたばかりの方に、「一番簡単な色えらび」につい…

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログの運営者


Ema。性別:女性 年齢:50代前半。グラフィックデザイナー。現在フリーランスデザイナー歴約2年。元勤め人デザイナー歴約15年(失業期間含む)。高齢でデザイナーになった高齢者デザイナーです。40代で3度解雇になるなど、転職経験も豊富。

アーカイブ

  1. エディトリアル ポートフォリオ-未経験

    雑誌のレイアウト模写 と文字に関するベーシックな注意点
  2. 160326_イラレ台紙の説明

    デザイン初心者

    DTPデータ作成 — 作品を「かたち」にして完成させる
  3. 広告系デザイナーが働く会社の説明

    デザイン初心者

    グラフィックデザイナーはどんな会社で働いているのか
  4. デザインの雑談

    DTPで使える素材サイト – 仕事でよく使わせていただいているもの
  5. おすすめデザイン本

    グラフィックデザインの本の紹介です。おすすめ だったり面白かったもの。
PAGE TOP