えまノート

グラフィックデザインの仕事や転職のこと、勤め人だった頃からフリーになった現在のこと、ブログのことなどを綴っています。

パーマリンクを変更しました(Word Press)

2016/06/26

sponsored link

一昨日、パーマリンクというものを変更してみました。

以前、どなたかのブログで、
「記事を投稿した後、パーマリンクを変更してはいけない」
ということが書かれていて、
その言葉だけが印象に残っていたのですが、
実際にやってみて、

なぜ、パーマリンクを、記事を投稿した後やってはいけないのか

ということがわかりました。

それは、記事やカテゴリーなど、すでに決まっていたURLが変わってしまうからです。

変わってしまうということは、
もともとインデックスされていたURLがグーグルの検索結果上に残ったまま、
同じ内容で別のURLでもう一度インデックスしてもらわなければならなくなるということです。

まあ、想像はできていたことですが、
ゼロからインデックスのやりなおしになるので
ブログを立ち上げたばかりの状態からのやり直しになります。

もちろん記事は残っているので、自分が苦労するわけではないのですが、
アクセス数は激減します。もともとそれほどアクセスがあったわけではありませんが…ゼロに戻ります。

でも、パーマリンクがどんなものなのかわかってきて良かったですし、
デフォルトの記事ナンバーのパーマリンクも良いですが、
「投稿名」というのは、なかなか良いと思います。
オススメです。


sponsored link



変更の仕方は簡単です。


ワードプレスのメニューから、

設定

パーマリンク設定

と進みます。
何もしなければデフォルトが選択されていますが、
「投稿名」を選択します。


そうすると、過去に投稿したものもすべて、
パーマリンクが記事タイトルになってしまいます。
そしてそれがURLとなります。

途中変更さえしなければ、とても良いと思います。

●追記です
別の記事でも書きましたが、URLを変更してしまったら、
リディレクションというプラグインを使って、古いURLから新しいURLにリンクをつないでやると、URL変更にともなうアクセスダウンというダメージを防ぐことができます。

>>>リディレクションプラグイン・・・・

最初の頃は、よくわからなかったのですが、(そして今もまだワードプレスは難しい)
・カテゴリーを変更
・タグを変更
・パーマリンク(記事のURL)の変更
などは、すべてURLの変更なのです。

ワードプレスは、とにかく色々なURLをすぐに生成してしまう困ったシロモノです。
でも、かなり多くのダメージは、リディレクションで回避することができるので、おすすめです。

sponsored link
sponsored link

-ブログ
-, , ,